スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * Com(-) * Tb(-) * page top↑ * [Edit]
エウレカ第27話「ヘルタースケルター」 
2005 / 10 / 25 ( Tue )  12:45
あまりに急なことで驚くばかりです…そ、そんなあ
今回はストーリーを追うのをやめて感想だけ。

先週のシアワセ気分のままで見始めたものだから、ピリピリした空気と徹底した臨戦態勢に序盤は戸惑ってました。
ここまで「戦闘」を意識した月光ステイトは見たことが無かったです。

今度は、ホランドがレントンたちを守るとき。
血まみれの世界から、命懸けで。

タルホさんのセリフが印象的でした。

ホランドの身支度の様子から、彼の決意が分かります。
やっと、逃げるのをやめて向かっていくことを決めたのですね。
以前言っていた3年のブランクが不安だったけれど、迷いを捨てた今、それはもう関係無いみたいです。

ホランドとチャールズの対決。
緊迫した戦闘シーン、は、いいんですけど。
チャールズが、まさか、こんなところで。
いつか倒されるだろうと予想はしていたのに、一瞬信じられなくて。
レイは強くて哀しい人です。
あんな行動、並大抵の決意では出来ないですから…。

また朝からヘビーなものを見てしまいました。
重すぎて消化し切れません。

ホランドのシャワーシーンあったね
とか
タルホさんとレイってやっぱり知り合いだったんだ
とか
ニルヴァーシュ、随分自分で動くようになったなぁ

なんていう軽い感想もあるんですが、今回はそれどころではなかった…
先週のウキウキから一転、一気に来週見るのが怖くなってきましたよ。うわーん。

最期に新OP・EDについて。
OPは、今までのほうが広がりがあって良かったです。
今回はレンエウvsドミアネしかクローズアップされていなくて、視点が少ないように思うのです。色も暗めで。
ここにビームス夫妻がいないって時点で、この二人はもうあまり出てこないな、とは思ってたんですけどね…それでもやっぱり…。。
曲は聴いているうちに馴染んでくるかもしれないから、まだ分からないですね。
EDね、アネモネとタルホが見分けづらくてびっくりでした。誰が誰だかわかんない…自分にショック。
スポンサーサイト
エウレカ * Com(0) * Tb(3) * page top↑ * [Edit]
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
 エウレカセブン#27『へルタースケルター』
月光号のリーダーが下した罰……レントンは戻してもらうつもりは無いと啖呵切ったけど、結局メンバーに戻して貰えたという事ですかね。しかしこの営倉入りは罰であると共に予測される侵入者から彼等を守る為でもあったのだけど、ホランドがこうしてくれた意味をレントン
2005/10/25(Tue) 22:08:55 |  TURN TO SCARLET
 ??
{/hiyoko_thunder/}今回はキーワードになるような台詞がたくさんあったよなぁ。『交響詩篇 エウレカセブン』 §へルタースケルターレイとチャールズ。月光号への強襲作戦の前に、丁寧に爪のお手入れをしているふたり。「死を感じる前の緊張感こそ生きている感じ」「ギリギ
2005/10/26(Wed) 15:46:20 |  マイ・シークレット・ガーデン
 交響詩篇エウレカセブン 第27話
交響詩篇エウレカセブン 2サブタイトル「ヘルタースケルター」シリーズ後半の第1話。新OP&ED曲、ジングルまで新しくなってます。全体的に暗~いエピソード...詳細は以下***********
2005/10/26(Wed) 21:44:46 |  オヤジもハマる☆現代アニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。