スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * Com(-) * Tb(-) * page top↑ * [Edit]
蟲師「旅をする沼」 
2005 / 11 / 24 ( Thu )  11:23
ギンコの知り合いが出てきて、いつもより明るめのスタートだ!
と思ったら予想はあっさり外れ。
でも前回と違って、救いの有るお話でよかったです。
化野せんせいはこれからも出てくる人みたいですね。
この人軽くてクールで素敵だよ!楽しみ!
海へ向かって移動する沼。
それは蟲が最期の地へ向かう様…。
沼と見えた蟲たちは海に出ると死に絶え、魚たちの養分となる。
それを目当てに集まってきた魚を捕って食べる人間。
いのちの循環。
なにか、とてもおおきなものの中で生きている私たち。
生かされている私たち。
感想っていうか、見たときの印象を羅列するしか出来ないけれど…。
人柱として沈められた女の子も、そういう何かを感じて、また人としての生活を営むようになったんだろうな。

蟲になった人間は、死ぬことも生きることも出来ないまま永い時を過ごす。
それでは、第一話のレンズさんは…。
今はまだいいけれど、孫が成長し、老いていっても自分は少女の姿のまま、変わらないのだとしたら。
ここまできて初回の話を考え直すことになるなんて思わなかった…!

原作を一気に読んでしまいたい気分と、
アニメを毎週楽しみにしたい気分の板ばさみです。
まずはアニメ放送済みの分だけ買おう。
スポンサーサイト
蟲師 * Com(0) * Tb(4) * page top↑ * [Edit]
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
 蟲師第5話(by N2)
今週もやります、アニメ蟲師感想です。第5話「旅する沼」は2~4話の、所謂「蟲に寄生されてしまう話」とは一線を画しています。5話のメインテーマは、さしずめ「命」でしょうか。今回登場した蟲は「水蠱」(ざむ様、通りすがり様に漢字を教えて頂きました。多謝!)...
2005/11/24(Thu) 14:58:22 |  N2-D2
 蟲師 第5話
 初めてギンコの「感情」が見えた回。一話の廉子には見せなかった逡巡が出たのは、"いお"に己の母や愛した女性を重ねたのだろうか、と妄想。原作読んでないので何とも云えないけれど。
2005/11/24(Thu) 15:37:44 |  下弦の憂鬱
 蟲師 #05旅をする沼
前回の第4話まではアニメ独特の技術を活かした作画、音響、演出、声などアニメとしての『蟲師』を賞賛し、今回は原作者漆原友紀女史の力量に感嘆する話でした。 「蟲」の概念の広さと引き出しの多さに彼女はストーリーテラーだと第5話目にして確信しました。小さくても形
2005/11/24(Thu) 18:03:18 |  うつわの器
 蟲師 第5話「旅をする沼」
はい、蟲師!リアルで見んかったもんで、ビデオ見ながら感想~。微熱あっても書く!時間が足りなーい!!このアニメは弟(純粋)にも勧めよーっと♪はい、今日は海沿い。お、ギンコ以外の蟲師??あ、お医者さんか。…うえだゆうじキタ━━━(゜∀゜)━━━!!!!不思議、振り
2005/11/24(Thu) 21:38:25 |   はちみつ水。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。